資格を取得してインテリアコーディネーターになる

お得に資格取得が目指せる!専門学校と独学の違いを把握しよう

インテリアコーディネーターに必要な資格

インテリアコーディネーターは資格がなくとも名乗ることができます。年齢や職業も問われませんが、「インテリア産業協会」が主催するインテリアコーディネーター認定資格を取得することで、知識が備わっていることをアピールできます。

独学と通学では異なる!お得に学ぶ方法

メーカーの展示会などに積極的に参加できる通学学習

通学制の専門学校で学ぶ場合、関連メーカーの展示会などへ参加できるメリットが生まれます。また、実地実習などの場にも恵まれるため、より実践的なスキルが身につきます。

自宅のインテリアコーディネイトで実践学習

自宅で独学をしていると、自宅をモデルとしたインテリアコーディネートを行うなど実践学習ができます。二次試験で出題されるプレゼンテーションの練習台として自宅の間取りを用いることも可能です。

資格を取得してインテリアコーディネーターになる

複数の人

インテリアコーディネーターを目指す方法

未経験からインテリアコーディネーターを目指す場合、専門学校で学ぶほか通信教育で学ぶ方法が一般的です。専門学校では2年制の通学制でインテリアコーディネーターを養成する勉強だけではなく、国家資格・認定資格を取得できるまでの勉強を行うのが一般的です。
通信教育ではインテリアコーディネーター取得に特化した学習を行います。レポート提出によって講師の添削を受けることができ、独学でも自信を持って資格取得ができるまでのスキル取得を目指せます。

インテリアコーディネーターに向いている人の特徴

インテリアコーディネーターに向いている方の特徴として挙げられるのは「インテリアが好きであること」が第一に挙げられます。また流行に敏感で、トレンドをインテリアに取り込むことや、古くからあるものをリメイクすることが得意な方も向いています。お客様ありきの仕事ですので、誰にでも明るく接することができ、お客様が納得できる提案ができるスキルを持った方であれば、信頼度も高まり、インテリアコーディネーターとしても大成するでしょう。